その機能を利用するにはログインが必要です。

ログイン

トップへ

出典:media.dlsite.com

DLチャンネル討論板

テーマ:フリー

その他

27レス

1日前

1 iahon iahon : 2019/04/17(水) 23:49:37

DLチャンネルについての改善案等の記事が定期的に投稿されているので、
ここらへんで専用トークを立ててみます。

DLチャンネルの改善案についてのまとめ記事は一時的な問題提起にはなりますが、
時間が経つと流れてしまい、議論自体が意味をなさない場合が多いと感じます。

また、コメント欄の議論は個人の価値観の相違が原因の水掛け論に発展し、
純粋にDLsiteの作品を探しにきたり、面白い記事を探しに来ている人に対して、
意図せずとも不快な思いをさせてしまうのではないかと思います。

そこで今後はこのトークでそういった改善案を提示し、
まとめ記事では作品を紹介したり、読者を楽しませるような、そういった棲み分けをしていくことを提案します。

トークの性質上、問題の本質を外れた口論に発展する可能性もあるので、
こちらである程度のルールも定めます。

1.トークの書き込みはすべて敬語に変換してください。
(~だと思うんだわ等の口調は喧嘩を売られていると勘違いされる可能性があるため)

2.問題提起をする場合、DLチャンネルのどの部分についての議論をするのかをはっきり宣言してください。

3.自分が間違っている可能性を常に意識して書きこんでください。

正直この手のトークは荒れやすいです。
苦手な人は閲覧しないことをオススメします。

以前に作成された問題提起系の記事のリンクを貼り付けていただけると、
今後の議論の参考になります。
(その際はタイトルとリンクだけでも結構です。)

最後に、あくまでこのトークは「議論」を行うトークです。

「論破」や「dis」が目的ではないことを念頭においてください。

8 名もなき紳士 : 2019/04/18(木) 16:27:01

明確な規約違反や記事内容の盗用などは別として
童貞ペンギンさんのおっしゃる通り、
キュレーション記事が販売促進として機能している以上、
規制すべきという意見には賛同はできないんですよね

>>5の記事も拝見しましたが、
これは良い記事、これは悪い記事という裁定を下すというのも
誰が何を根拠にして行うか、と言う話なんですよね

何が正しくて何が間違っているかは、
全ての情報を把握できていないと難しいと思います
そうしたデータを持っているのは運営さんですし、
基本的には運営さんの方針にゆだねる形でやっていくのが無難ではないでしょうか

結局一個人にできるのは自分の記事をいかに良くしていくか、です
私も自分の記事をとやかく言われるのは嫌ですし
あまり他の人の記事にあれこれ言いたくないんですよね

9 名もなき紳士 : 2019/04/18(木) 17:17:34

300P廃止糞施策以降通常が厳しくなった代わりにクリエイター記事認定がユルユルになり質が落ちた気が
結局廃止前のほうが質は高かったしユーザー自体固定化されることもなく回転率もよかったしね
当初は批判されてたけど、ハードル下げつつユーザーの回転率も上がったし
不平等感でギスギスし沈む一方ならしない分300P常時復活もありだな

10 ねられるもの ねられるもの : 2019/04/18(木) 18:55:36

>>3
私も童貞ペンギンさんと同様の実感(全体の風潮としてアクセス量は明らかにキュレーション系の方が多い)を持っていますが、ちょっと気になる点もあります。
というのも、明らかにクォリティアップを狙っているクリエイターズ記事の基準が文字数である点です。
DLチャンネル側が求めている記事の基準はあくまで「キュレーション」ではなく「記事」であり、その点は加味して判断すべきではないかと。
もちろん、仰られるような

>「そもそも自己満足のブログ風記事は『良貨』ではない」

というのも理解できますが、それは「自己満足的な文章がダメ」なのであって、「文章主体の記事が良貨ではない」とはならないと思うんですよね。
実際、私の書いた記事の場合、キュレーション系の記事は100以下アクセスが中心で、ブログ系記事の方が1000アクセス超も多い。
需要と供給の問題もあるので一概には言えませんが(需要を満たす場合はキュレーション系も跳ねますし)、結局は質の問題が重要になっていると思えます。
キュレーション系はいいねも別に増えませんし、なんだったらエアコン設置の苦労を書いたアレな記事の方がアクセスもいいねも多いくらいですしね。(苦笑)

とはいえ、最終的に私も童貞ペンギンさんの、

>その上で、両方の記事があって執筆者の方々が自由にスタイルを選べばいいと思うので、
>特に規制なんてなしの現状維持でいいのでは?とぼくは考えます。

に同意している立場ですので、結局個人のスタイルで自由にすればいいと思うんですけどねー。
キュレーション系の記事でクリエイターズ記事にするのがどうなのか、というのは最終的にはDLチャンネルサイドで判断する問題ですし。
サイト的に問題があれば規制は生まれるでしょうし、問題がなければ規制は生まれない。それだけの話ではないかと。

11 ねられるもの ねられるもの : 2019/04/18(木) 19:01:34

あ、ちなみにですが、私はキュレーション系の記事はあんまり読まない人です。自分も書いてるのに……。
ただ、「なんとしてもこの作品を推したい!」って情熱がない記事は、見てもいまいち買う気が起きないというか。そもそもの話、ズラズラーっと羅列されても、大概見知ってる作品なんですよね……。

読者の側も人それぞれなんで、結局人それぞれ書きたい記事を書けばいいと思いますね。
キュレーション系とブログ系は今はタイトルでそこそこ差別化もされてる印象なので、悪くない現状だと思ってます。

12 カザミ カザミ : 2019/04/18(木) 19:22:50

どうも、すっかり隠居しております、カザミです。
この手の話題については、まず、大前提として、

・記事の良し悪しは個人の主観であり、運営に怒られない限りは、どのような記事を作るのも自由。

ということを押さえておく必要があるかと思われます。

その上で、童貞ペンギンさんの示されたデータは興味深いですね。
いわゆるキュレーション記事について高い関心があることがうかがえますね。
(ちなみに、私的には、キュレーション記事について「悪貨」であるとは思っていません)

ただ、訪問数やPV数は重要な指標だと思われますが、
それ以外の、たとえば、「満足度」などの、目に見えない指標についても考える必要があるのではないかと思われますが、

特にPV数について取り上げるとすれば、
モブトレさんによる、『Teaching Feeling』についての長文まとめ記事などは、PV数29788となっていますね。

https://ch.dlsite.com/matome/3549

また、iahonさんによる、いわゆるチクニーについての長文まとめ記事などは、PV数12212となっていますね。

https://ch.dlsite.com/matome/6438

もちろん、「DLsite公式サイトへのバナー掲載」や、「作者さんなどからのSNSでの言及」などによるブースト効果は考慮する必要もあるでしょうけれども、

この2例を見るだけでも、「ブログ風記事はPV数が低い。需要が少ない」という指摘は間違いである、ということは言えるのではないでしょうか。

13 なんでもスムージー なんでもスムージー : 2019/04/18(木) 19:42:01

はろー、物書きスムージーさんです。

さて、ちょっとこ書きこんでいきますよー。
まずはこれ!

1.案外DLチャンネル人いるなぁ!(該当記事を見て
  コメント書きこんだ方ありがとうございます!!!

まずこれですねー。デフォネームもニックネームな方も含めて「ありがとーございます!」と私は言いたかったのです!
人、いるじゃないか我が軍は!!

皆さらっと出ている人たちを逃がさないでおくのよさ!
挨拶!挨拶をば!
私の記事ミテッテオクンナマシー!!

2.DLチャンネルの方針について

まとめチャンネルは、あらゆる情報を組み合わせて、あなただけのオリジナル記事を作成できるキュレーションサービスです。
引用:https://ch.dlsite.com/

サイト引用ですが、基本方針はこれです。
「あらゆるものを活用せよ!」なんです。
なので、そこを上手いように発掘してる記事に関しては誉めるべきだと思うんですよ。

なので、ブログ風記事?とキュレーション記事?。
とりあえずはどっちも成功者のを見て、何がよかったんやー!って協議するほうが建設的な気がするんですよねー。

その意味では童貞ペンギンさんのが気になる……うう、でも俺にはあの方式は苦手だから出来ないのです!そもそもあれをうまーく作るのも才能じゃないかな!?
(作者検索で来るわけじゃないんだからほぼ実力世界な気がしますし

……それに、偏った心配をしてますが古今東西その場合パイの奪い合いかリバイバル現象が起きるんで、別に問題ないと思います。テコ入れよりも、市場の競合が問題ってわけですね。

14 なんでもスムージー なんでもスムージー : 2019/04/18(木) 20:22:29

続)

3.ぇ?頭からっぽで書いてる私は異端?

さてここで大前提に切り込みますね?
というのも
・個人狙いの記事
・アテナちゃん狙いの記事
・受け狙いの記事
・ノリ
で私は記事を書いてるわけですが……
そもそも皆様は
「良い記事はこれ!」「悪い記事はこれ!」
って思いながら記事を書いたり読んだりしてるものなのでしょうか??

正直、この話題出るまで別に考えてなかったんですけど私。

自分の記事を面白可笑しくたまには真面目に!
自分スタイルを確立していこうぜ!のスタイルで皆が楽しめればニッコリな気がするんですけどねぇ。

4.ぇ?!私どっちからも叩かれる!?

はい。
真面目に全部読んだ最初の感想が
「あかん、どっちからも叩かれそうな記事だ私」
でした。
色付けされるとベンズの真ん中みたいに目立つのが私のような記事でしてね……

ノリとテンションで書いているため、色付けしてほしくないんですよぉ!
例えば
ラップ調で机バンバン叩きながら録音したのが
https://ch.dlsite.com/matome/13295
なんですが、今の区分だとブログ系記事ですよね?

りょ、良貨?ま、真面目?

まぁ、まってください。
そういうことですよ(何
誰か助けて!

5.皆書き始めた・書いている理由はそれぞれ

最後にこれですね。
最初から多様性カーニバル。

記事を見る選択肢は貴方方全員にあるのデス!
なら、もっともっといろんな書き方で楽しくいきましょうデス!
キュレーション記事は題名で
「クッ、開かざるを得ない!」てのは開いちゃいます私。
だから、皆頑張るんだぞー!

▼余談
あ、でもでも夏休みの絵日記風に書くのはダメデスヨ?
作品はせめて使うんですよ?
雑記であってもカブトムシの成長日記を記事にするんじゃないぞ!?
私は、同じようなサイトでマジでこれを見たことあるからな!

15 名もなき紳士 : 2019/04/18(木) 20:39:40

そもそもDLチャンネルの最初期コンセプト「買った後も楽しめる!!」から言って
初っ端から無かったことになってズレまくりだしな

https://www.4gamer.net/games/999/G999905/20161001012/

16 童貞ペンギン 童貞ペンギン : 2019/04/18(木) 21:43:13

>>12
その二つともすばらしい記事だと思います。
ですが、Teaching Feelingを含む記事というカテゴリで比較するなら、
キュレーション記事にもPV数の高い記事があります。

たとえば、以下の記事は内容のほとんどが作品アイテムとDLsiteなどのレビュー引用で構成された
teaching feelingのアイテムを含むキュレーション記事ですが、30000PVを超えています。

同人エロゲーおすすめ総合ランキング【1位~50位】もはや本家超え
https://ch.dlsite.com/matome/14868

注目すべきは、この記事はいいね数とコメント数が圧倒的に少ないのに
ここまでの数値を叩き出していることです。
※ちなみにこの記事が書かれたのは去年、DLsiteにまとめ記事表示機能が導入される前です。
「いいねとコメントはログインしていないと使えない」ということと
「いいねもコメントも無ければDLチャンネル内の人気記事に出現しにくい」ことを合わせると、
この記事を閲覧している人はDLチャンネル『外』からアクセスしている可能性が高いわけです。
(実際たった今「同人 エロゲ おすすめ」というワードでGoogle検索したらこの記事が検索結果の1位という驚異的な結果でした)

DLチャンネル外からのPVを稼いでいるということは
こうしたDLチャンネルユーザーから「いいね」の付きにくい(=つまりDLチャンネルの記事執筆者から嫌われやすい)
引用主体のキュレーション記事がDLチャンネルに読者となりうる人を呼び込んでいるわけで、
『悪貨』どころかむしろDLチャンネル全体に貢献しているというべきではないでしょうか。

もちろん、だからといって「キュレーション記事はブログ記事より偉い」と言いたいわけではありません。
キュレーション記事を読みたい人もいるし、ブログ風記事を読みたい人もいる。
その通りです。『ブログ風記事は良貨ではない』というのは撤回します。
「キュレーション記事もブログ風記事もどちらも良貨」と言った方が適切ですね。

繰り返しの結論になりますが、両方の記事があっていいと思います。
どちらかを厚遇したり冷遇したりする必要はありません。

17 カザミ カザミ : 2019/04/18(木) 23:10:11

>>16

ほとんど引用と作品リンクだけのまとめ記事で3万PVというのは、インパクトが大きいですね。
また、「同人 エロゲ おすすめ」でGoogle検索結果1位というのは素晴らしい快挙ですね。
Google検索結果で上位になる(いわゆるSEO)というのは「PV獲得のための切り札」と呼べるものですから、
DLチャンネルの読者を増やす、という意味で、大いに貢献されていると評価できるように思われます。

個人的には、「住み分け」ができると良いのではないかなと思います。

以前、こちらのまとめ記事で、DLチャンネルの記事の分類について、「作品まとめ」「作品レビュー」「解説記事」「自分語り・主張」「攻略記事」「自身の作品の宣伝・進捗状況」などの記事の種類でカテゴリ分けして表示できるようにする、という機能の要望が出されていましたが、賛成ですね。

キュレーション記事が見たい人はそのカテゴリを、長文での解説記事が読みたい人はそのカテゴリを選んで表示させることができる、という。
まぁ、現実的には、運営にシステム開発の余力があるのかどうか、という困難な問題があるでしょうけれどね。

https://ch.dlsite.com/matome/18751

18 KATZU KATZU : 2019/04/18(木) 23:27:17

私の考えを述べさせて頂きます。

作品を並べただけの記事が有用であり、粗悪な記事ではないというのは、私自身もユーザーとして経験しているので理解しています。

ただ、それを踏まえた上で、キャンペーン情報もなく、ジャンル分けすらされておらず、隙間なく作品を貼り続けるだけの記事は、どうかと思っています。アフィリエイト目的なら、せめて、動線をきっちりして、見る人が使いやすい様に出来ないの?と思います。私が思う「乱雑な記事」というのはその類いです。

それに、運営側が、少なくない報酬を対価に、ブログ的な記事を求めているという現状もあります。個人的には、DLチャンネルは、キュレーションサイトから、もう1歩先のコンテンツを目指していると思っていて(ちょっと上手く表現する言葉がなく申し訳ありませんが)、だからこそ、ブログ的なクリエイターズ記事に関しては、性質上、作品アイテムを多くは使えない事もあり、過去のものまで含めて、目に止まる機会を増やして欲しいと思っている人が、少なからずいるのだと思います。私もその1人です。

ただ、クリエイターズ記事をより目立つようにするならともかく、キュレーション記事を、規制、排除する方向に行くのは、違うと思います。

個人的には、記事の検索機能をもう少し充実出来ないかなと考えていて、3万も記事があるので、自分に刺さるものがあったとしても、現状のシステムでは容易に見つける事が出来ません。

それに、住み分けがなされ、クリエイターズ記事をゆっくり見てもらえる環境があるなら、より良い記事を書こうという、大きなモチベーションにもなると思います。

19 七川 : 2019/04/19(金) 00:30:34

凄い個人的なことを言うとまとめ記事とまとめ記事じゃないので分けて欲しいかな。

運営さんとして進めたい体験版記事もまとめに埋もれるから悲しいのとまとめ記事がメインにくるとこっちまで来ないと思うし。

良い記事悪い記事は人によるから言ってもしょうがないかな。
俺の記事なんて真面目に書いてあれだし何も言えないよ。

何か光るものがあればバズるんだし好きなのを書いて読んでもらうためにもまとめは別カテゴリにしてほしい。

20 掃き溜め 掃き溜め : 2019/04/19(金) 12:29:42

動画サイトみたいに、カテゴリ別と総合ランキング50とかあったりとかそういうのがあれば
いいのかな? 埋もれるってのは数が増えれば絶対に起こるわけだから
せめてもう少し見られやすい場所を提供するのが筋ですかね
あとは記事投稿24時間の間だけ表示される新着記事人気ランキングとか?
多くの人はDLチャンネルのトップぐらいしか見てないでしょうし
トップページの表示欄の拡張みたいな感じでやれればいいのでしょうけど

21 童貞ペンギン 童貞ペンギン : 2019/04/19(金) 15:48:27

カテゴリ別にするのはいい案ですね。
ブログ風記事、キュレーション記事の話だけクローズアップしましたが、
他にもいろいろと記事の傾向が多様化してる気がしますし。

・通常のキュレーション(まとめ)記事
・ブログ風記事
・プレイ動画記事
・ニュース記事
etc...

これはぱっと思いついたものですが、ブログ風記事は『日記』とか『雑学』とか『考察』でさらに細分化できそうですね。
とりあえずユーザーにできるのはカテゴリの元となるタグを積極的に使うようにしていくことでしょうか。
ゲームプレイ日記の記事には『プレイ日記』と付けたり、ニュース記事には『ニュース』と付けたり…
ニコニコ動画とかもそうですが、もしカテゴリを作るとなるとタグでカテゴリを管理するシステムになるでしょうから。

22 エローン大鹿 エローン大鹿 : 2019/04/19(金) 18:41:00

どうも、鹿です。
ブログ風記事というか二次元関係ないマジブログ書いちゃったので、戒めとして鹿となったのです……。
UI絡みに関しては多分運営さんが死ぬから、一旦置きましょう置きましょう。
やり方書いて要望したTwitter引用すら自由に出来ないDLチャンネルじゃポイズン状態なので。
あと、クリエイターズ記事が大体15時とかに全部ドッパァと発射されるのも、地味にまとめの埋もれやすさを助長してる気がしますね……。何か予約投稿とか出来たらいいんですけども。

「お前いつも変なまとめばかり書いてんな」と言う感じの私ですが、
作品を並べただけのまとめに関しては、>>18のKATZUさんの意見とほぼ一緒ですね。
自分的には、「エロRPG」とかあまりにもザックリしすぎるジャンルで、隙間なく作品アイテム並べたようなのはちょっといかがなものか……というのがスタンス(普通に見づらいですし)。

言い方悪いですが、個人的にはどこかから感想引っ張ってきて、引用アイテムでそれを載せるだけでも大分印象変わるんじゃないかなぁと思いますよ。
>>16で童貞ペンギンさんが挙げてらっしゃる記事も、DLsiteの作品ページのレビューを引用していますし、それだけで情報としてかなり有用です。
作品ページに行くにあたって、ほんの1行だけでもいいから判断材料が欲しいと言いますか……。

ちなみにお恥ずかしい話を致しますと、

https://ch.dlsite.com/matome/505
https://ch.dlsite.com/matome/529

はほとんど同じ作品を取り上げているのですが、クリック数は後者の方が圧倒的に多いです。というか前者から来る人がほぼいない。
作品を多数紹介するまとめであれば、情報量の適当さ・中身なども踏まえて書くべきなんでしょうね……。

ちと個人的に気になってるんですけど、同人作品探すにあたってググったりすることはありますか?
自分がどんなワードで検索するかを記録しておけば、何かの役に立つかもしれません。

23 カザミ カザミ : 2019/04/19(金) 19:21:59

以前から、「流れが速すぎて、読みたい記事が埋もれてしまう」「読みたい記事を探すのが大変」という問題がありますよね。
「カテゴリ分けや検索機能の充実」は急務ではないかと思われます。
(ただ、運営にその余力が以下略)

まとめ記事を作成する際に選択するカテゴリでは、
「ゲーム」「マンガ」「ノベル」「イラスト」「音声」「音楽」「動画」などしかなくて、

「キュレーション(まとめ)」「レビュー・感想」「解説・考察」「雑学」「ネタ」「日記」「体験談」「時事・ニュース」「プレイ動画」あるいは、「長文」「短文」「引用中心」「初心者向け」「玄人向け」などといった、記事の内容での分類になっていないのですよね。

カテゴリを増やすだけなら、そこまでシステム開発の工数はかからないようにも思われますので、
とりあえず、ダメ元で要望を送っておきたいと思います。

24 名もなき紳士 : 2019/04/19(金) 22:56:12

自分も会社勤めだからわかりますけど動ける人が案外少なかったりするんですよね

あれこれ要望だしても無理なものは無理だと思います
ぶっちゃけクリエイターズ記事申請してチェックしていただいている手前文句は言いづらいなぁ・・・
アテナちゃんのおすすめ記事とかで忙しい中、少しでも対応しようとしてくださってる気配がひしひしと・・・

容貌は要望としてユーザーでできるアイディアを出していく方がいいかもしれませんね

25 RiverStone RiverStone : 2019/04/21(日) 13:44:58

多数の作品を貼り付けるキュレーション系の記事と、ブログ風の感想記事の両方(とその他の記事)が共存している状況こそが、相乗効果を生んでいるのであって、その時々の気分で見る記事を選べるのはDLチャンネルの強みでもあると思います。
極端な例でも何でもなく、キュレーションだけなら私は一回見てサヨナラだったでしょうし、感想記事だけでもいやレビューあるしなあ……最近その手のレビューサイト下火だけど、どっちみち商業系は少ないし何度か見てサヨナラしてたでしょう。
(そんなごった煮好き好き感覚で利用してる人は稀なんだよ、と言われたらぐうの音も出ないです)

となるとやはり検索性の向上と(作品数多い羅列部分と感想考察が混じった紛らわしい記事を書く人もいるので、判断が難しいのですが。一人は私ですごめんなさい)、こういった内輪向けのトークや元の記事が未だに人気まとめに居座ってしまう程度の人口問題を解決するのが先なのかなあと。
こういう議論をする人に、ここ数か月から半年で熱意あるユーザーになった人ってどれだけ……というのが心配です。

>>23
負担がかからない範囲でと考えると、文字数の表示を記事上部に出す、くらいはやりやすいかもしれませんね。既に作成中にはカウントされるようになっているものですし、更新で文字数が大きく変化しても対応できそうですし。
作り方で変動が大きく参考程度ですが、同じく自動計測しているであろう使用アイテム数もあればなお良しです。
非クリエイターズの長文が特に見つけにくいので、検索時が理想ですがこっちは表示に干渉しそう……。

26 エローン大鹿 エローン大鹿 : 2019/04/21(日) 14:56:49

割と人口問題は深刻なんですよねー……。
というか、この手の議論のたびに自分は毎回言ってる気がしますw

名無しの紳士の方々は非常に難しい(匿名掲示板的な使い方とかも楽しいですからね)んですけど、SNSでアカウントを持っている人などは「他の方が書いた記事」を積極的にシェアしたりするといいのかなーと考えてます。
例えば、有志の方が行っている「DLチャンネル日誌」もTwitterアカウントがあります(@dlchanneler)ので、トーク内に自分が気になったまとめを貼り、Twitterに書かれたツイートをリツイートするという形でも大分違うと思います。
かなり濃い内容のまとめを取り上げているんですが、フォロワーが200人強で収まってしまっているのは勿体ないですし……。

27 カザミ カザミ : 2019/04/21(日) 17:53:26

>>25
まとめ記事の文字数表示は欲しい機能ですよね。
データとして取得できているから、あとは表示させれば良いと思いますしね。

使用アイテム数が表示されるようになれば、
作品アイテムがたくさん掲載されたまとめや、動画アイテムが掲載されたまとめなどが一目で分かるようになりそうですね。
(ただ、運営にその余力が以下略)

検索性向上のために、ユーザーで出来ることとしては、上にありましたように、「タグ付け」ですけれども、付けない派の方も多そうですし、中々。
ただ、アクティブユーザーの皆さんの間だけでも「タグを付けましょう運動」をすることは、意味があることだと思いますけれどね。

DLチャンネル日誌の方は、主にiahonさんとモブトレさんが頑張っておられますので、皆さん、ご参加くださるととても助かります。
ツイッターの方も地道に頑張っていますね。まだまだインフルエンサーとまでは行かないですけれどね。
1週間で作られた新着記事を片端からチェックして、面白いなと思ったのをピックアップする、というだけでも中々大変なのですよね。

https://ch.dlsite.com/talk/432

コメントを書き込むにはログインしている必要があります。
ユーザー登録(無料)がお済みでない方はこの機会に是非ご登録ください。

この先には成人向けコンテンツが含まれています。

知ってる