その機能を利用するにはログインが必要です。

ログイン

DLsiteのジャンル別売り上げについて。

テーマ:フリー

その他

21コメント

13日前

2

名もなき紳士

: 2017/05/07(日) 13:09:49

それではこれから結果の報告をしていきますが、まずその前に
わたしが今回行った調査の「前提」を語らせていただきます。

今回主に調べたジャンルは、男性向けCG・ゲーム・マンガになります。 いえ厳密に言えば、
一応他のジャンルも調べてはいますが、今回調査に至ったきっかけがこの三ジャンルであったため
今回優先しての報告となります。(調べた他ジャンルに関しては最後に)

また「ヒット率」という曖昧な言葉ですが、これの「ヒット」は「1000本以上売り上げ」としました。
理由は……1000本以上は希少だ、というわたしの以前聞いた言葉によりますw
ですので明確な理由があるわけではありません。 ハードルを上下させれば、また違った結果もあり得ます。
あくまで一観点からの結果、ということでひとまずご納得していただければ幸いです。

調査サイトに関してはDLsiteと……頭文字を同じくするライバルサイトになります。
これを書いている最中に他のサイトもあったことに思い至りました……そちらに関しては
他の方にお任せしたいと思います。

ランキングを調査した際、最後に一本単位で数えたのが「自分の手」によるため、
またDLsiteに関しては新作発売前だったため、わずかながらのブレはありえます。
(ただし総本数からすると、大勢に影響はないかと思いますが)ご了承ください。

長くなりましたが、前提は以上です。 それでは、報告に移らせていただきます。


3

名もなき紳士

: 2017/05/07(日) 13:45:16

DLsite の調査結果
左から、ジャンル、総本数、ヒット本数、ヒット率となります。


CG集   30038  2609  8.7%
マンガ  92048   2245  2.4%
ゲーム  22169   4121  18.6%

※%は小数点第二位を四捨五入しています。

男性向けという条件において、DLsiteは以上のような結果になりました。 
DLsiteはゲームが強いと言われていますが、それはあるいは想像以上に事実だったように思われます。
CG集に関してはこんなものかな、と個人としては感じます。 そしてマンガに関しては……
この結果も悪い意味で想像以上の結果でした。 売り上げランキングを遡っている際、他ジャンルに比べて
あまりに本数の減少が早く、愕然としました。

さて上記の結果は男性向けですが、これはプロの作品も含まれます。
どの程度影響があるかは不明ですが、ヒット本数を増加させている場合も考え、
マンガとゲームに関して検索要項の「同人」にチェックを入れ再検索しました。 

またCG集に関しては、CG集から漏れた実質的なCG集、という場合を考え
類似していると思われるジャンル(イラスト集イラストノベルその他ジャンル画集)
にチェックを入れ再検索しました。その結果が次になります。


CG集   53501  4341  8.1%
マンガ  51063   1748  3.4%
ゲーム  15270  3641  23.8%

結果としてはCG集の僅かな低下、そしてマンガとゲームの上昇ということになりました。
どうやら検索結果を見る限り、DLsiteに関してはメーカーのゲームはそれほど
売り上げとして強くないということになるようです。

また、ゲームの増加に比してマンガはほんの僅かに増える結果にとどまりました。
これはゲームに比べれば、プロの影響がどうこうというより
マンガというジャンル自体が、DLsiteでは弱いのだというように思われます。

次に、頭文字を同じくするライバルサイトの結果に移ります。
個人的には、イメージからすると少し意外な結果に落ち着きました。




4

名もなき紳士

: 2017/05/07(日) 14:22:21

D〇〇に関しては、同人ジャンル内においての調査となります。
そのため出版社による漫画やメーカーによる成人ゲームは含まれておらず、
ジャンルそのものの完全な実態とはいかないかもしれない、ということをご了承ください。
筆記順は、DLsiteにおける筆記順と同様に、ジャンル総本数ヒット本数ヒット率となります。

CG集 35327 1812 5.1%
マンガ 33343 1123 3.3%
ゲーム 13475 1349 10.0%

結果は上記のようになりました。
個人的にはこのサイトではゲームはそれほど強くないのではないか、CGや漫画の方が強いのでは
と考えていたのですが、ヒット率だけ見るなら正反対の結果となりました。

残念ながらそこまでは今回詳しく調査していませんが、あるいは率こそゲームが強いものの
売り上げた本数そのものは(いくつかのサークルの牽引もあって)CGや漫画とゲームで差がある
ということもあり得るのかもしれません。 (相当の手間が予想されるため、調査は未定です)

また、そうは言ってもマンガの低調がやはり目立ちます。 いくつかの原因……
液晶では紙に比べて解像度が低い、利用層に白黒の受けが悪い、等々の考えはできますが
実際のところは不明です。 
いずれにせよ、「ヒメカノ」や「夏のオトシゴ」などの絶大なヒット作がありつつも、
全体としてはさほどヒットした本数が多い訳ではない、ということにはなるようです。
(CG集も、マンガほどは目立たないまでも一部サークルの突出度合いが激しいのかもしれません)


5

名もなき紳士

: 2017/05/07(日) 14:45:23

長々と書きましたが、メイン3ジャンルに関しての結果としては以上になります。

個人的な感想としては、ゲームの予想外の強さと、マンガの低調ぶりが印象的だったというところです。
元々のきっかけとして「同人誌とゲームはどちらがネットで売れるのかまた売れているのか」
というのがあり、少なくてもライバルサイトでは拮抗……もしくは今回の調査をひっくり返したような結果も
ありうる、と考えていたことが大きいとは思います。

そちらはいかがだったでしょうか。 あるいは少々情報の堀りが足りないように思われたでしょうか。
どう思われるにせよ、この情報が何らかの良いきっかけもしくは思考材料となれば
わたしとしては幸いです。 ここまで読んでくださり、ありがとうございました。

(番外として、このレスの後に別ジャンルのヒット率に関して書き込んでおきます。
 よろしければそちらもどうぞ)

6

名もなき紳士

: 2017/05/07(日) 14:55:53

音声に関して。 DLsiteで強いとされる音声作品のヒット率はどの程度なのか。
調査した結果、総本数は9535本、そのうちヒット本数は989本、ヒット率10%超えという結果になりました。
(男性向けで検索) DLsiteでは、ゲームの次に強いジャンルということになるようです。

またライバルサイトにおける音声、及び動画作品についても調査しました。
結果としては音声が総本数7768本、その内ヒット本数122本、ヒット率1.5%。
動画作品が総本数1533本、内ヒット本数が120本、ヒット率7.9%。
音声は低調ですが、動画はゲームに次いで強いところであるようです。

以上で、今回の書き込みを終わりたいと思います。
ここまで読んでくださり、重ね重ね、ありがとうございました。

7

エローン大鹿 エローン大鹿

: 2017/05/07(日) 18:19:47

気になっていた部分、調べていただきありがとうございました。
個人的にこれにプラスしてなのですが、ヒメカノみたいに「3D、とことんリアルっぽい」作品が向こうのDではうけやすいのかなぁ、という印象を持っていたり。

向こうのDに作品数に関しては、完全無料作品があるのでそこで底上げされている。
逆に言えばそれを除けばヒット率は大分変わってくるんじゃないか、と見ています。
こっちはフリーミアムみたいなことをしようとすると、体験版に頼るしかないので……。

8

ねられるもの ねられるもの

: 2017/05/07(日) 21:09:43

大変興味深い内容でした。
自分の手で調べたとのこと、その労力には頭が下がります。

ごく個人的な実感で言いますと、あちらでは音声作品は買いづらいと言いますか、UI的にも評価システム的にも利用しづらい印象があります。ヒット率の差にはその辺も影響してる気がしますね。
特にシステム面。DLsiteのレビューと評価を分離しているシステムの方が、総数としての評価が見られるので参考になるかなと。

9

名もなき紳士

: 2017/05/08(月) 03:20:49

コメントありがとうございます。 
無料作品に関してなのですが、どうやらライバルサイトにおいては売り上げ本数順でソートすると
自動的に無料作品は排除される仕組みになっているようです(音声ジャンルで確認しました)。
無料作品からの有料作品への誘導、という仕組みはあるかと思いますが、それは単純なソートでは
影響を測りかねるというのが正直なところです。

また音声作品のUIに関しては、あちらは試聴機能がないようですね。 影響はあるだろうと思われます。
評価システムに関しては全ジャンルで共通であるため、影響があっても
音声ジャンル特有のものではない、のではないかと思います。




10

名もなき紳士

: 2017/05/08(月) 03:31:46

さて、最初のトークにおきましては売り上げ上位を題にしましたが、もちろん実際のところ
ほとんど売れずに人の目にも止まらず埋もれている作品、というのが多数あるわけです。
今回は「それはDLsiteにおいてどのジャンルでどの程度あるのか?」ということについてになります。

ジャンルは前回と同様に、ゲーム・マンガ・CG集となります。
「売れなかった作品」の定義につきましては、某所における定義を引用しまして
「100本以下」ということにさせていただきました。調査ジャンルは>>3における
変更した後の条件になります。

……また、今回に関しては50~100程度の本数ブレが存在します。
あまりにも細かく指で数えるのが苦痛だったためです……。 ただし、総本数が非常に多いため
パーセンテージへの影響は小さいと思われます。 申し訳ありません。


11

名もなき紳士

: 2017/05/08(月) 04:32:03

さて調査結果なのですが、

ゲームジャンル、総本数15276のうち、100本以下作品が4900程度、およそ32%。
CG集ジャンル、総本数49537のうち、100本以下作品が20100~200程度、およそ40%。
マンガジャンル、総本数51106のうち、100本以下作品が28600~700程度、およそ56%。

ということになりました。 ゲームジャンルは二極化が激しいのかもしれません。
CG集ジャンルに関してはおおむね、特に驚くべくもない数字のように思われます。
そして今回の調査でも、やはりマンガジャンルは不遇の感があります。

……というところで思い至ったのですが、特にマンガに関しては男性向けの場合、一般のものも多く含まれます。
これが数値を下げている結果に結びついているのではないかと考え、R指定と成人向けにチェックを入れ、
マンガに関して再検索を行いました。その結果が以下です。

前述条件におけるマンガジャンル、総本数41451のうち、100本以下作品が19350~450程度、およそ46%。
マンガに関しては、一般向け作品の影響がそれなりに大きかったようです。 
(今回の条件で前回の売り上げ上位を検索した結果、ヒット率はおよそ4%に上昇しました)

12

名もなき紳士

: 2017/05/08(月) 04:54:57

さて最後にソート中の感想なのですが、CG集とマンガにおいて
二次創作の作品が非常に多くみられました。 割合からいってもおそらく二次創作の影響によって
全体的な本数が引き下げられていると考えられ、以前からの認識であった
「二次創作はDL同人においては弱い」というのをある程度数値の上で根拠づけた結果になるのかな、とは思います。

また、一般向けを除外する検索によって、ゲームのヒット率もおよそ26%に上昇しました。
この結果も、やはり以前からの「一般向けはDLsiteにおいて弱い」ということを
おおむね証明する形になっているのかなと思います。

※追記……CG集ジャンルに関して、「その他ジャンル」のチェックに不備があった可能性があります。
確認する限りでは総本数300本程度、全て100本超えとしてもそれほど影響はないと思いますが、
他のミスの可能性もあるため、参考程度ということでよろしくお願いします。

13

名もなき紳士

: 2017/05/08(月) 05:23:38

※追記2
さらに間違いとして、D〇〇での売り上げ順ソートにおいても「総本数」では無料作品を排除しないようです。
申し訳ありません。

そのため影響度合を確かめるために無料作品の総本数を確認したところ、基本的には総本数の1%未満、
意外にも最多であったマンガでおおむね1.6%程度の本数であり、仮にそれらを排除して計算しても
有料作品のヒット率に関して、それほどの影響はないようです。(マンガが3.3%から3.4%にはなりました)

14

ねられるもの ねられるもの

: 2017/05/08(月) 21:12:38

>>10
評価システムについては、確かに全作品で影響がありそうですね。
あちらでは商品を買ってないもので、商品ページを見かけたときに「なんか使いづらいな……」と感じたがゆえのコメントだったのですが、言葉足らずで申し訳ない。

ところで、スレ主さんの調査に触発されましてざっくり DLsite での催眠音声作品のヒット率を調べてみたのですが、このトークで報告してもよろしいでしょうか?
音声作品全体とかなり差が出たので、結構面白いデータになったんですよね。

15

名もなき紳士

: 2017/05/09(火) 04:14:46

>>ねられるものさん
こちらこそ何か勘違いしてしまったようで、すいません。 使いづらさは確かにあるんじゃないかと思います。

ご意見ご報告についてはどんどんお願いします! すでに似たような
トークがあるかもしれませんが、
このトークが「DL同人に対してある曖昧なイメージを数字で検証する」……とまではいかなくても
数字をネタにどんどん語れるトークになればいいと思っています。

16

ねられるもの ねられるもの

: 2017/05/09(火) 20:45:34

>>15
ありがとうございますー。ではでは、催眠音声のヒット率の報告をさせていただきます。

まず最初にお断りをば。
音声作品ジャンルで催眠、または催眠音声のタグが付いている作品は1256本あるのですが(調査時点)、ごく個人的な実感から言って、催眠音声作品ではない作品が多分に含まれていることが想定されました。
なので、作品内容等を確認して該当しない作品を省き、その上でのヒット率を出しています。
ちなみにですが、ここでいう催眠音声作品というのは、以下のように定義して選別しています。

・催眠手法を主題にした作品であること
・構成上、「導入、深化、解除」の過程を踏んでいるもの

単純なタグ付け間違い(安眠音声の類で多く見られました)のほかに、ボイスドラマに催眠っぽい手法が取り入れられているライトな作品もなるべく省いています。
あくまで手動での判別なので誤差もあると思います。その点はご容赦願います。

その上での催眠音声作品は683本。
そのうち、1000本以上の売り上げを叩き出しているのが209本。率にしてなんと30.6%、音声作品全体の3倍近い割合でヒットしている結果となりました。
ちなみにですが、500本以上の売り上げも確認してまして、これが328本。こちらが率にして48%となっています。

さらに言えば、売り上げ数が万に届いている作品が、音声作品全体で17本に対して催眠音声が9本。割合での差を考えるまでもない圧倒的な占有率です。
売り上げ累計上位5位までのうち1位を含む4つを占めている点から見てもわかりますが、DLsite における催眠音声ジャンルの存在感をまざまざと感じる結果となりました。

17

ねられるもの ねられるもの

: 2017/05/09(火) 20:56:59

実は当初、「言っても催眠なんてマニアックなジャンルだと、ヒット率も低いんだろうな」と思って、それで500本以上の作品もカウントしていた経緯があります。
ところがどっこいと申しますか、結果はこの通りで、しみじみと「催眠音声愛好家は飢えとるんやな……」と感じ入ってしまいました。

催眠音声は制作上特殊な技術を要するジャンルですから、コンスタントに良作を供給してくれる大手サークルに買い手が集中するのはある意味当然な流れだと思います。それもあってのヒット率でしょう。
特に初期は受け皿が少なかったこともあってか、圧倒的なヒット率を記録しています。(最初期では、89本中46本がヒットしているというトンデモな記録が残っています)
需要と供給という概念が適切かは微妙ですが、「良い作品」に対する需要は供給を上回っているのかなと、そうした印象が残りました次第です。

18

エローン大鹿 エローン大鹿

: 2017/05/10(水) 06:41:04

比較的マイナーなサークルさんの応援に回ることが多い身だと、結構キッつい数字が並びますねぇ……。
ギリギリ脱出済みではありますが、新人さんに取り上げられていてかつ、良質なゲーム性やエロを持つリ○ム痴漢のサークルさんも売れてない作品に片足つっこんでるので頭を抱えた次第。
(最新作はそれこそ動画作りやすい類いなので是非やりたいっすなー。おっぱい牧場の決斗、お前じゃねえ座っとけ。優先度はおっぱい牧場が高いから安心してくださいまし。)

19

名もなき紳士

: 2017/05/10(水) 06:49:03

>>16-17
ご報告ありがとうございます。 音声作品においては催眠ジャンルがかなり牽引しているようですね。
(ねられるものさんの報告ぶんを除外して>>6の結果を修正するとヒット率は8.8%程度になります。
 催眠音声を除けば音声の強さはCG集と同じくらい、ということになるでしょうか)
それから個人的に参考にしたいので、よろしければ期間によるソートの手法も聞かせていただいてよろしいでしょうか? 販売開始日のソート条件が大雑把すぎて困っていたので……。

さて、売り上げ上位の調査の際、DLsiteの動画ジャンルについては検索していませんでした。
これは特に理由があったわけではなく、自分の中で影が薄かったというだけなのですが。
今回D〇〇との比較の意味もあり、販売中の同人成人向けという条件で改めて調査しました。 すると……

前述条件における動画作品、総本数4235本、うち1000本以上売り上げ887本、ヒット率20.9%

という、個人的には驚く結果が出ました。 ゲーム作品や音声作品が語られやすいDLsiteですが、
実のところ動画ジャンルも相当に強いところであるようです。


20

名もなき紳士

: 2017/05/10(水) 07:07:26

>>18
わたしが今回の一連の調査をしてよかったことの一つは、「売れてないけど好みのキャラを描いてくれてるサークルさん」をいくつか見つけられたことですw
それからリズ〇痴漢さんはアクションジャンルなわけですが、ゲーム内の更にジャンルごとヒット率も気になるところではあります。 まあ割とサンプルが少なそうですが……。

21

ねられるもの ねられるもの

: 2017/05/10(水) 19:56:58

>>19
ごめんなさい、ソートについてはお力になれないです……。めっちゃ人力で調査した原始人でして、調査方式は上述した条件で発売日が新しい順の検索結果を総当たりしたものなんです。
最初期について述べた部分は、正確に述べますと「発売日が新しい順の12ページ目+13ページ目が異常なヒット率だった」といった意味合いになるんです。

なので、最初期とは書いてますが、年代的には2004年~2010年末と結構な期間があります。
そもそも13ページ目の56作品で2004年~2009年の範囲にわたっているので、初期にどれだけニッチだったか、逆に言えばそこからどれだけ催眠音声ジャンルが勢力を伸ばしたかがわかるデータでもありますね。
ざっくり言いますと、10年代で13ページ目(催眠音声作品としては22本)の30倍近い数の催眠音声作品が作られているわけですから。

コメントを書き込むにはログインしている必要があります。
ユーザー登録(無料)がお済みでない方はこの機会に是非ご登録ください。

この先には成人向けコンテンツが含まれています。

知ってる