その機能を利用するにはログインが必要です。

ログイン

トップへ

出典:www.bing.com

美少女ゲームメーカーあっぷりけのクラウドファンディング企画について語るスレ

テーマ:フリー

ゲーム

23レス

3日前

4

名もなき紳士

: 2017/06/12(月) 22:14:34

業界全体がヤバいのは感じていたが
立派に中堅クラスだと思ってたココでもそんなヤバいのか…
単純計算で3750人が4000円コースでどうにか次回作作っても
DMMのソシャゲ墜ちは免れそうもなさそうだが…
黄昏のシンセミア以外やった事ないんで正直自分はそんなに思い入れも無いんだが頑張ってほしい

5

名もなき紳士

: 2017/06/12(月) 22:51:25

集金システムを活用する分には大いに賛成だけど、その先まで考えてるのかな

6

カザミ カザミ

: 2017/06/13(火) 07:49:07

>>4

業界は本当に厳しいらしいですね。
フルプライスは買ってもらえないから言って、ロープライス路線に走ったとしても、さらに売れなかったりという場合も。

恥ずかしながら、『黄昏のシンセミア』は未プレイですので、近いうちにプレイしてみたいと思っております。

ちなみに、個人的には、次回作が「最後の花火」になったとしても良いのではないかと考えています。
何もせずに静かに解散するのと、最後に作品を出してから解散するのとでは、ファンにとっては後者の方が望ましいのではないでしょうか。
もちろん、次回作がヒットすれば、会社存続の可能性も開けるでしょうけれども。

>>5

次回作の概要とスタッフはすでに決まっているらしいですね。

・ソースはスタッフのツイート
https://mobile.twitter.com/kidukirey/status/873897873120702464

昨日、ニコニコ生放送で追加の説明があり、登場キャラクターも公開されたらしいです。

ここまで企画の準備が進んでいると、これでもし、クラウドファンディングに失敗して企画がお蔵入りになったら、企画書やキャラクターデザインにかかった労力が無駄になってしまうなぁと、心配してしまいますね。

○6月12日のニコニコ生放送でのあっぷりけディレクターによる追加説明の内容 ※ソースはツイッター

・次回作のヒロイン4人のキャラクターデザインが公開された。
・過去作『コンチェルトノート』の神凪莉都がサブキャラとして登場する。
・ジャンルは学園物。

※ソース

ニコニコ生放送
http://sp.live2.nicovideo.jp/watch/lv300459125

視聴された方のツイート
https://mobile.twitter.com/leo44222/status/874279079846989824

視聴された方のツイート
https://mobile.twitter.com/msmstkner/status/874271252117995522

7

エローン大鹿 エローン大鹿

: 2017/06/13(火) 12:51:52

ファンやプレイヤーが喜ぶソシャゲーになるなら、
ソシャゲー化して金策にしてもいいとは思うんです。(ソシャゲーで知って原作へ……みたいな流れも期待できる)。

ただ、それこそ対魔忍みたいな陵辱系作品みたいに、「短くキャッチーで分かりやすい」エロが無ければ、よほどのウリがない限りはファンしか遊ばない。

ファンを喜ばせるなら、カード集めみたいな既存ソシャゲーシステムの流用よりは、過去作品のストーリーやヒロインをクロスオーバーしたりして一本のゲームとしても成立するようなシステムが欲しい。
でも、それをやると間違いなく開発費だけで次回作の予算を食いつぶす。

運用コストもかかりますけど、崖っぷちの状態、これから先のことを考えると、「作品が当たるか当たらないかの賭けに出る」よりは、足場を固めるために安定した集金システムがあった方がいいと思うんですよね。
(ふと思ったけど、月額制の有料ファンクラブ作って、自社で賄える低コストなデジタルコンテンツを毎月配信する方がよっぽど楽そう)

お金を集めて作った一作目はご祝儀で売上が出ても、
その次回作は今まで通りの売上に戻っちゃうと思いますし……。

8

カザミ カザミ

: 2017/06/13(火) 18:52:04

>>7

美少女系ソーシャルゲームについては、ジャンルが違うので、何とも言えませんね。私はあまりやらないですね。
ただ、スマホゲーム市場が1兆円を超えたという話もある中で、ユーザーの購買力の大部分がそちらに吸い上げられているような印象はありますね。
当たれば大きいのではないでしょうか。

私は、「最後の花火」でも良い派ですが、運営の持続性について考え始めれば、すごく難しい問題になります。むしろ、多くの業界関係者が頭を抱えている問題だと思いますし。

月額制の有料ファンクラブについては、私の敬愛するライアーソフトさんが参考になると思っております。
年2000円の会費を払うと、所属のライターや絵師さんの書き下ろし入りの会報が季刊で手に入り、また、新作ゲームを買う時に会員限定特典が手に入ったりするという。
もちろん、根強いファンを持つライアーさんであっても、ファンクラブの会費だけで開発費を賄うことは不可能であって、
「新作を必ず買ってくれるファンが一定数いることで、必ず最低限の売上を確保できる」というのが、最大のメリットなのだろうなと考えております。

9

カザミ カザミ

: 2017/06/14(水) 07:38:08

昨日、ディレクターの憲yukiさんから追加の説明が公開されました。
だいぶ情報が整理されてきたという印象ですね。
個人的には、以下の点が注目されました。

・会社の負債については、クラウドファンディングとは別に、下請けの仕事や他の企画などで、返済計画を立ててある。
・クラウドファンディングが成功して、次回作が発売された頃には、負債は完済している見込みである。
・ただし、万が一、負債が完済できていない場合、次回作の利益を返済および運営に充てる。

会社の負債については、クラウドファンディングと関係なく、返済の目処が立っているということで、一安心ですね。
これで、「負債を抱えて会社が倒産、お金を貸していた流通は損害を被り、債務の保証人になっていた人は借金を背負う。」という、最悪のケースは免れそうですね。

※ソース

公式ブログ
http://www.applique-soft.com/staff.html

ニコニコ生放送
https://m.youtube.com/watch?v=PZ61-N0BSd4&feature=youtu.be

10

名もなき紳士

: 2017/06/14(水) 12:25:54

業界に将来性がなさ過ぎる
最近はどこにでも言える事な気がするけど

11

エローン大鹿 エローン大鹿

: 2017/06/14(水) 12:57:11

>>9
ああ、なるほど……。
確かに下請け開発を絡めた返済計画が立ってるなら、割と安全に負債が返せるかも……。

エロゲーに関しては中古ゲーム屋が、
「買って○日以内に売れば○割で買い取るよ」って確約し、
自店のみで回転させ利益を取ってる(事実上のレンタル)ところがあるので、
プロテクトも含めたそこあたりの対策を考えないといけないですね。

Steamみたいな感じで、プレイの際にユーザにストレスをかけない形で、ゲームを売る仕組みが出来れば一番いいんでしょうけど(ソフト電池でもいいんですけど、アレに販売プラットフォームがくっつけば最高)。
ただ、ネット環境必須になっちゃうのがどう転ぶか……。

12

名もなき紳士

: 2017/06/14(水) 19:40:57

PCユーザーが減りスマホが一人一台の時代
良いストーリ見たいならラノベ、良い絵が見たければネット検索の時代
本格的なゲーム性が無いと本当にこの業界厳しい気がする

13

カザミ カザミ

: 2017/06/14(水) 19:42:52

あっぷりけのディレクターの憲yukiさんのコラムで、次回作の概要が公開されていますね。
ふむふむ、妹+姫=最高、というのは、私が常々、申し上げているところでもあります。(爆)

・電撃姫のコラム
http://dengeki-hime.com/2017/06/14/33373/

>>10

美少女ゲーム業界は衰退の一途をたどっていると言われて久しいですね。
このままいくと、大手と準大手しか残らない、という状態にもなりかねないですね。

・アダルトゲーム市場の実態と展望
https://xbusiness.jp/adult-game/marketing

上記の調査によれば、ソフ倫加盟社数は2014年の221社から、2016年には191社まで減少していて、実際に活動しているのは100社程度と推測できるらしいですね。

大手の中には、全年齢版に移行したり、アニメ化やメディアミックスによって収益を上げたり、オンラインゲームに活路を見出すところもありますね。
代表格としては、タイプムーンさん、ニトロプラスさんさんでしょうか。
先日、『Fate GO』がアプリの売上ランキング1位を獲得したらしいというのは、象徴的な気がいたします。

>>11

中古販売と違法ダウンロード対策の問題については、度々、俎上に上がりますよね。

前者については、「あとで中古屋で売れるから、安心して新作を買える」というユーザーが一定数いるであろうことを考えると、スッパリと中古販売を無くすことには、賛否両論がありますね。
また、「ゲームの売上は初動が重要」というのはよく言われることで、それとの関係もありますね。

後者については、違法ダウンロードは犯罪であり撲滅すべきですが、
アクティベーションなどでのセキュリティを厳しくしすぎると、「起動までに手順がかかりすぎる」「起動すらできない」というトラブルが実際に起きていますので、
最悪、売上にプラスになるどころか、マイナスになる可能性すらあるというのが頭の痛いところですね。
少し前にも、『シンソウノイズ』がアクティベーションの手順が面倒云々で話題になったことがありましたね。

業界の中でも対応が分かれている問題なのかもしれませんね。

14

カザミ カザミ

: 2017/06/14(水) 19:46:29

>>12

最近はコンシューマにも負けないほどのゲーム性の高いアダルトゲームも見られますね。

個人的には、ノベルゲームが大好きで、「紙芝居」と揶揄されることもありますが、
小説でもアニメでも味わえない、ノベルゲームでしか味わえない感動というものがあると考えております。

15

名もなき紳士

: 2017/06/14(水) 22:46:02

ノベルゲームでしかと言うか「エロゲーだからこそできる表現」が表街道に流出して受け入られたのが、ココに限らずダメージだった気がする
スクールデイズに代表される愛憎劇、Fateに代表される偉人擬人化能力バトル、虚淵に代表される生死を交えたストーリー
この辺、特にFateはその後ドリフターズや文ストとか幾つもフォロワー出ちゃって…今やエロゲー(裏街道)じゃなくても問題なくなってしまった
抜きはともかく、かつて最も自由で最も情熱的で最も馬鹿で最も大人なコンテンツだったエロゲーだけど
今や自由な創作はなろうに代表されるラノベに移ってるし、なまじ本格的なゲーム性が有っても、スマホの基本無料ゲーと戦う羽目になっている
ココは典型的な紙芝居ゲーだったし、しかもエロが薄い…今やエロがあればエロゲー的なストーリーは、漫画でもラノベでもかなり見かける時代
無料~数百円のライバルと勝負しないといけない世界なんだから相当厳しいと思う

16

合丼来来 合丼来来

: 2017/06/14(水) 23:08:02

こんな感じ(ステマだ、本当に申し訳ない)
http://www.dlsite.com/maniax/work/=/product_id/RJ167098.html
に「ゲームブック形式」にするとか、さすがにエロゲー業界的には厳しいのかな?
PDFにすればスマホでも読める(機種選ばないのがデカい)し、コストカットも工夫できるはずなのに。

たまにDLSiteがアンドロイド用のエロゲとか出してるみたいだけど、売り上げはあまり行ってないと聞いたことがあるし…

17

名もなき紳士

: 2017/06/15(木) 00:04:11

>>16
個人的な感想だとスマホ版は「高い」印象
新しく買うならアリかもだけど、もう一個同じのを数千円出して買うってのはキツイ
せめてPC版買ってる人は半額とか何か対応してくれればあるいは…

18

カザミ カザミ

: 2017/06/15(木) 07:45:52

>>15

美少女ゲーム的なもの、美少女ゲームの要素がライトノベルや漫画やアニメなどに輸入されて人気を集めた結果、美少女ゲームが以前より売れなくなる原因となった、というのは、よく言われますね。
優位性が失われて、競争が激化しているという。

その上で、それでも他のコンテンツでは代え難い、「ノベルゲームでしか味わえない感動」の正体は何か、と考えると、私は大きく二つあるのではないかと考えています。

一つ目は、大げさに言えば、「総合芸術」であるということです。
小説のようにテキストを読み、音楽を聴き、ボイスを聴き、絵を楽しみ、映画のように演出の妙を楽しむことができる。
これは、他のコンテンツでは味わえない部分だと思います。

何となく、虚淵さんが東京アニメアワードで脚本賞を受賞した時のコメントを載せておきます。
・ツイッターより
https://mobile.twitter.com/butch_gen/status/171128036236865538

二つ目は、インタラクティブ性、圧倒的な没入感があるということですね。
ゲームには寝食を忘れて没頭させる力があることが知られていますが、
ノベルゲームにおいては、あたかも自分がそれを体験しているかのような没入感、VRにも似たような「臨場感」があります。
そのような「体験」の中で味わう物語は格別のもので、これはゲームでしか味わえないのではないでしょうか。

>>16

元々、美少女ゲームはコンシューマよりも開発にかかるコストが少ないということで隆盛したという話を聞いたことがありますが、
さらなるコスト削減のために、様々な表現方法を模索するのは良いことだと思いますね。

美少女ゲームのスマホ対応については、パソコンは起動すらしないという人の割合が増えている中で、対応した方が良いと思いますが、「外でエロゲーをやるのか?」と聞かれると、中々、難しい面がありますね。

あっぷりけさんのディレクターの憲yukiさんの発表では、次回作ではPC版を買えばスマホでもプレイできるようにしたいというお話でした。面白い試みですね。

19

合丼来来 合丼来来

: 2017/06/15(木) 15:01:57

>>17
あぁ……確かに。
PCとスマホのハイブリッド販売みたいなの、技術的には出来るような気がするんだけど、どうしてやらないんだろう?
スマホはスマホ版でコンバート作業が別途で掛かるらしいから、コスト的に厳しいのかな?

>>18
トイレにスマホを持ち込んで、家族にバレないよう「こっそり」楽しむ、らしいです。
パソコンだとどうしてもOS縛りが出てきちゃうから、ボトルネックになってる部分は片っ端から取り除かないと厳しいかも?

20

カザミ カザミ

: 2017/06/15(木) 18:16:51

>>19

なるほど、そういう使い方もできますね。
PCでプレイできない事情がある、あるいは、PCを起動するのも面倒くさい、という場合には、スマホでのプレイも重宝しそうですね。

単純にPC版をスマホに移植するとなると、システムの開発費が倍になりそうですが、
ノベルゲームエンジンの「ティラノスクリプト」などは、デフォルトでマルチプラットホーム対応しているらしいですね。

・ティラノスクリプト公式
http://tyrano.jp

私も以前、ティラノスクリプトで短編ノベルゲームを一本、作ってみましたが、
使い勝手としては、定番のノベルゲームエンジンの「吉里吉里」とあまり変わらないなぁ、という印象でした。
(ちなみに、マルチプラットフォーム対応は需要がないと思って、やめておきました。)

今はウェブの技術も上がってきていますから、 複雑なシステムなしで、絵と文章と音声を組み込む程度であれば、HTMLベースでも作れないことはないんじゃ……?
と思っていましたら、ティラノスクリプトはHTML5ベースなのですね。
以前、自分がティラノスクリプトで作った際に、CSSとJavascriptをいじって画面効果を変えたのを思い出しました。

21

名もなき紳士

: 2017/06/15(木) 21:47:11

主人公命名権とか欲しいな。自分の名前を呼んで欲しい!

22

カザミ カザミ

: 2017/06/16(金) 07:40:29

>>21

呼び名命名権は良いですね。
テキストを変えるだけなら技術的には簡単だと思いますが、声優さんのボイスで呼んでもらえるというのは、中々ないですよね。
『ときめきメモリアル』などでは、そういうシステムがあったらしいですね。

ちなみに、実際に、こちらの『セヴンデイズ』のクラウドファンディングでは、

・支援金額50万円で、1ヒロインのミニ追加シナリオの中で、ヒロインからの主人公の呼び名を変更できるバッチ提供。
・支援金額110万円で、全編・全ヒロインからの主人公の呼び名を変更できるバッチ提供。

などというリターンが設定されていたようですね。
結果としては、50万円コースが3名、それ以上のコースは残念ながら応募者なしという結果になったようです。

・『セヴンデイズ』クラウドファンディング
https://camp-fire.jp/projects/view/5732

23

カザミ カザミ

: 2017/06/23(金) 22:34:55

本日、ついに、あっぷりけさんのクラウドファンディングの詳細が発表されましたね。

実際にファンディングを開始するのはまだ先で、プランの内容等も変わる可能性があるとのことですが、まずは無難な内容という印象ですね。

あとは、実際にお金を出してくれる方がどの程度いるのか、目標金額の下限の1500万円を達成することができるのかを、見届けたいと思っております。

・クラウドファンディングのティザーサイト
http://www.applique-soft.com/ap_cf/index.html

・ディレクターさんのツイート
https://twitter.com/noriyuki_s/status/878237851908849667

コメントを書き込むにはログインしている必要があります。
ユーザー登録(無料)がお済みでない方はこの機会に是非ご登録ください。

この先には成人向けコンテンツが含まれています。

知ってる