その機能を利用するにはログインが必要です。

ログイン

トップへ

第7回【公式インタビュー】伝説の『さよならを教えて 〜comment te dire adieu〜』

美少女ゲームなう!! 編集部美少女ゲームなう!! 編集部 公式アカウント
最終更新:2017.05.22
1557 view
ゲーム
出典:media.dlsite.com

一時は10万円というプレミア価格を叩き出したという、『さよならを教えて 〜comment te dire adieu〜』を作った 「長岡建蔵」さんにインタビューです!

この記事が良いと思った人は「いいね」してみよう!

関連まとめ

  • 第3回【公式インタビュー】「Laplacian」~心と下半身を軽くする~『キミトユメミシ』など

    第3回【公式インタビュー】「Laplacian」~心と下半身を軽くする~『キミトユメミシ』など

    2016年にデビューしたLaplacian。これまでソーシャルゲーム制作などで培ったノウハウを持って、満を持して美少女ゲーム開発へと名乗りを上げた。若手ばかりのニューカマーの野心たっぷりのインタビュー。

  • 第5回【公式インタビュー】「KISS」『カスタムメイド3D2』や『カスタム隷奴』など

    第5回【公式インタビュー】「KISS」『カスタムメイド3D2』や『カスタム隷奴』など

    1998年にデビューしたKISS。すでに老舗ブランドと呼べるキャリアを積んできたが、その作品作りへのアプローチは常にチャレンジ精神があった。大ヒット作『カスタムメイド』シリーズを生み出したブランドの素顔に迫った。

  • 【第0回】『美少女ゲームなう!!』ブランドの「こだわり」紹介します!

    【第0回】『美少女ゲームなう!!』ブランドの「こだわり」紹介します!

    色々なエロゲーメーカーさんに、インタビューをし作品を作る上での『こだわり』を聞いていきます!

  • 第1回【公式インタビュー】「Campus」新規それはユーザーにも手に取りやすいブランド

    第1回【公式インタビュー】「Campus」新規それはユーザーにも手に取りやすいブランド

    2015年にlightの姉妹ブランドとして誕生したCampus。低価格、短期間、同一舞台での作品発売の裏にあるのは、これまで美少女ゲームをプレイしなかった人たちへのアピールという狙いがあった。

  • 第9回【公式インタビュー】「HOOKSOFT」さん!『MeltyMoment』など

    第9回【公式インタビュー】「HOOKSOFT」さん!『MeltyMoment』など

    徹底した純愛系作品へのこだわりを武器に、これまでも多くのヒット作を世に送り出してきたHOOKSOFT。 そんなHOOKSOFTの作品作りへのこだわりを代表の亜佐美昌氏に熱く語ってもらった。

  • 第6回【公式インタビュー】「ASa Project」『恋愛0キロメートル』など

    第6回【公式インタビュー】「ASa Project」『恋愛0キロメートル』など

    2007年にデビューしたASa Projectは、ほかとは一線を隔す、“ぶっ飛んだ”企画コンセプトが人気の美少女ゲームブランド。それは他社作品に埋もれないために生み出した唯一無二の武器なのだ。 『恋愛0キロメートル』や『スキとスキとでサンカク恋愛』など好評発売中!

  • 第三回 新入社員のエロフロンティア『さよならを教えて』

    第三回 新入社員のエロフロンティア『さよならを教えて』

    新入社員が色々な作品やジャンルを勉強します。(エロゲーや同人など!) 要するにエロのシャカりきコロンブスです。 みんなも新しい性癖にレッツ!DLチャレンジ!(流行らない)

  • 第2回【公式インタビュー】「ういんどみる」「ういんどみるOasis」今年設立15年目のヒットブランド

    第2回【公式インタビュー】「ういんどみる」「ういんどみるOasis」今年設立15年目のヒットブランド

    『はぴねす!』『祝福のカンパネラ』とアニメ原作ゲームで知られる「ういんどみる」は、2017年でデビュー15周年を迎える。今年15年目を迎えるういんどみるへインタビュー!

  • おすすめのまとめ

  • 「電車でGO!」、新作出すってよ

    「電車でGO!」、新作出すってよ

    一世を風靡した「電車でGO!」が、久しぶりにアーケードの新作を出すらしいです。

  • にじよめで触手が活躍するゲームを集めてみた その裏

    にじよめで触手が活躍するゲームを集めてみた その裏

    裏側…そこにはにじよめに夢を託し散っていた豪傑たちの屍が積み重なっていた

  • 【夏休み感想文】商業の道へと歩を進めた同人誌「魔王の秘書」を語ろうじゃないか。

    【夏休み感想文】商業の道へと歩を進めた同人誌「魔王の秘書」を語ろうじゃないか。

    アース・スターエンターテイメント社からネット連載を経て出版化した同人誌、「魔王の秘書」の感想を書いた夏休み感想文です。 プロトタイプとなる同人誌版は108円とは思われない圧倒的なクォリティで、未体験の方はぜひこの夏楽しんでみてください。

  • LIFE OF SPIRITの攻略メモ
  • この先には成人向けコンテンツが含まれています。

    知ってる