その機能を利用するにはログインが必要です。

ログイン

トップへ

出典:www.bing.com

クリエイター支援サイト「Enty」の件について

テーマ:フリー

その他

138レス

2ヶ月前

1 カザミ カザミ : 2017/07/14(金) 22:49:14

最近、クリエイター支援サイト「Enty」さんが話題になっています。
情報が錯綜しており、事実と憶測が入り混じっているようですので、ここでは情報を整理したいと思います。
後日、まとめとして作成するつもりですが、その前に、この場にてご意見をいただければと思っております。

●個人的な動機

私はEntyさんを利用してささやかながら支援を行っている側ですが、ちょうど数か月前、私の敬愛する『カタハネ』スタッフの方がEntyを始められました。現在では月額23万円程度の支援金額になっているようです。これまで、所属会社が倒産したりと紆余曲折のあったお二人でしたが、この支援金額があれば、アルバイトなどをして生計を立てなくとも、創作活動に専念できるのだろうと、陰ながら嬉しく思っていた次第です。
もし、万が一、今回の騒動の余波で、Entyさんが閉鎖されるような事態になれば、折角、築き上げた上記の体制が崩壊してしまうことを、私は危惧しています。また、そのような事例は、上記のお二人に限ったことではないのだろうと思います。いわば、「クリエイターのセーフティネット」としての役割を、クリエイター支援サイトは担うことができるのではないかと期待しています。
・笛&JチームのEntyページ
https://enty.jp/10mile_fj
・大槍葦人先生のEntyページ
https://enty.jp/machine_child

119 名もなき紳士 : 2017/07/27(木) 06:52:50

>>117
D社については違法アップロード撲滅宣言をしつつ違法アップロードサイトを支援しているので、もしや出稿先が選べないのではないかと思っていたのですが…どうやら違うようですね…
調べた時にDLsiteの広告を見ることがなかったので不思議だったのですが謎が解けました。ありがとうございます。

しかしこれでD社は違法アップロードサイトを支援しているという裏付けになってしまいました…なんでこんな事を…

>>118
最大級の成人コミック違法アップロードサイトではD社の広告比率が7割を越えてます。すごいですよ。

120 カザミ カザミ : 2017/07/27(木) 18:22:30

>>119

違法アップロードサイトにおいて、DLsiteさんの広告はなかったらしいということで、一安心ですね。

DLsiteさんのサークル管理画面の違法ダウンロード削除申請のページに、違法アップロードサイトへの広告出稿やアフィリエイトの提供は禁止すると書かれてあります。

D社についても、過去に違法アップロードサイトに働きかけて閉鎖に追い込んだ、という実績があるようですし、
違法ダウンロードの蔓延によって、自社サイトの作品が売れなくなれば、被害を被るわけですので、
違法アップロードサイトを積極的に支援することは考え難いのですが、

違法アップロードサイトにおける広告出稿、もしくは、サイト側が勝手にアフィリエイトのバナーを張ることも考えられますが、
ご指摘の通り、結果的に違法アップロードサイトを助長する形になってしまうと思いますが、
あえて、好意的に解釈するなら、以下のようになりますでしょうか。

1. 仮に、海外にサーバが存在するなどの、何らかの理由により、どうしても閉鎖に追い込むことができない違法アップロードサイトが存在したとして、

2. そのようなサイトに対しては、いくら抗議をしても暖簾に腕押しであると判断し、

3. 当該サイト内に、「正規の作品の販売サイトへ誘導するリンクを張らせる」ことで、
違法ダウンロードを行おうとするユーザーに対し、正規のダウンロード販売サイトで作品を購入するように促す。

という意図があるのか、どうなのか、という感じですね。

121 名もなき紳士 : 2017/07/27(木) 23:41:59

>>1
Entyについて良くない話を聞いたので一応ここにも書いておきます
Entyは月ごとの詳細な売上は見れないシステムなのですがこれが良くないです
一応支援という名目ですが、会計ではコンテンツ閲覧権の販売なので詳細を帳簿につける必要があります
でもEntyは詳細が見れないので帳簿がつけられないようです

帳簿に存在しない売上が突然出ているのは税務上ではとても良くないので上位の懸念事項に追加するべきだと思います(マネーロンダリングと見分けがつかない、消費税の正しい申告ができない など
特に法人で登録されているクリエイターには爆弾のような仕様だと思います
カタハネ様も大槍様もコンプライアンス上で危険な状況だと推察します

122 カザミ カザミ : 2017/07/28(金) 01:31:23

>>121

月ごとの売上の明細が見られないというのが事実であれば問題だと思いますが、

個人レベルの確定申告であれば、最低限、雑所得として、その年度の収入の総額が分かれば良いと思うのですが、

ただ、FantiaさんやPatreonさんなども含めて、どこまで売上管理がしっかりとしているのかは、調べてみないと分からないですね。

実際に、Entyさんでクリエイター登録をして確認してみましたが、
マイページの「クリエイター活動」で、「月額課金の金額」「購入されたサービス・作品(Entyプロモーション)」「購入された過去の投稿(月ごと)」「未申請の支援金」が、確認できるようになっているようですね。
スクリーンショットを添付しましたので、ご参照ください。

Q&Aにも、支援金額はマイページで確認できると書いてありますね。

・EntyのQ&A
https://enty.jp/blogs/40

出典:dlsite.blogimg.jp

出典:dlsite.blogimg.jp

123 名もなき紳士 : 2017/07/28(金) 01:55:18

>>122
雑所得処理は白色申告であれば問題ありません。青色申告や法人では駄目です。脱税になりかねませんよ。
いまは青色申告が一般的なのでそれは現実的ではないです。

FantiaやPatreonについては月別の売上が見れます。
Entyは全て合算されており月別の売上が保存されません。作家が毎月全ての支援をまとめて計算し、スクリーンショットで保存し、その金額を出金するのであれば問題ありません。
そしてそれらの帳簿をつけるのであれば問題ないです。ですがやっている方はいないでしょう。

これらを正確に行わないと消費税の計算ミスや税の未納に繋がります。
Entyを攻撃する意志はありません。応援する作家が未納で追徴課税されては元も子もありません。Entyからの告知は期待できないとの事なのでせめて多くの作家に知られるべきだと思います。

124 名もなき紳士 : 2017/07/28(金) 03:30:22

こちら>>123
>そしてそれらの帳簿をつけるのであれば問題ないです。ですがやっている方はいないでしょう。
これは言い過ぎました。一部作家様は毎月計算して帳簿をつけて出金までされている方はいると思います。
過去の販売記録を閲覧できない販売委託サイトは私自身初めてみましたので驚いています。その点を見て下さい。

125 カザミ カザミ : 2017/07/28(金) 05:33:18

>>123

なるほど、ありがとうございます。
税務関係は、頭が痛くなるところですね。

まとめてみますと、以下のようになりますでしょうか。

1.Entyさんでは、過去の月別の支援金額の履歴が確認できない。
 ※Fantiaさん、Patreonさんでは、確認できる。

2.事業主でない個人、または、白色申告の個人事業主であれば、問題はない。

3.青色申告の個人事業主、または、法人の場合、月別の支援金額を帳簿に記載する必要があるため、問題となる可能性がある。

4.青色申告の個人事業主、または、法人の場合でも、「毎月、その月の支援金額をスクリーンショットで保存して、帳簿に記載した上で、支援金の振込申請を行う」という方法を取れば、問題はない。

という形で、よろしいのでしょうか。

なお、消費税については、
「前々年の課税売上高が1,000万円を超えていなければ、納める必要はない」らしいですね。

月額の支援金額が84万円を超えるような、ランキング上位の超大手のクリエイターさんのみ、対象となる形でしょうか。

・個人事業主の消費税についての記事
http://biz-owner.net/tax/shouhizei

126 名もなき紳士 : 2017/07/28(金) 06:15:21

>>125
>1.2.3.
大丈夫です。

>4.
スクリーンショットを7年間保存する必要があるので紙に出力するべきと付け加えてください。


消費税については1000万を越えなければ関係がないので大手クリエイター以外は問題ありません。ですが総売上なので同人や商業や他事業で得た収入を合算し1000万を越えたら対象になります。

あとEntyがどのような販売形態を想定しているのかがブラックボックスなので、申告の時にその点を説明するのが望ましいです。
支援だと説明すると寄付金と判断された場合たいへん面倒な事になると思われます。

127 カザミ カザミ : 2017/07/28(金) 07:27:16

>>126

なるほど、ありがとうございます。

後で、まとめの方にこの問題について追記したいと思いますが、
現状の対応策としては、以下のようになりますでしょうか。

○現状の対応策

1.過去の月別の支援金額の履歴を確認できるようにシステムを修正するよう、運営に要望を出す。

2.毎月、その月の支援金額をスクリーンショットで保存して、帳簿に記載した上で、支援金の振込申請を行う。
※その際、スクリーンショットを7年間、保存する必要があるので、紙に出力するべき。

3.運営に連絡して、過去の月別の支援金額の一覧をテキストファイルなどで提出するよう、要請する。

このような形でしょうか。

クリエイター支援サイトでの支援金が、寄付なのか、売上なのか、というのは、上の方でも話がありましたが、厄介な問題ですね。

仕組み上は、コンテンツの購入にあたると思うのですが、
EntyさんおよびFantiaさんの規約を読むと、「ファンクラブの会費」などと書かれてあって、
それがまた、よく分からないですね。

128 ぶらんぼ ぶらんぼ : 2017/07/28(金) 08:49:42

>>115
某D社はかつて違法アップロードサイトに広告を出しまくって、それで知名度を大きく上げて育った経緯があって、で、育ったら今度は違法アップロードサイトを切り捨てる・・・のではなく、自社の作品サンプルを紹介する割合を増やす、というやりかたをしているんですよね。自分からは違法サイトを殺そうとしない。
その上、違法アップロードサイトへの広告は切り捨てきってない。

やりかたがほぼマッチポンプ。たぶん海外のやり方なんだろうなって感じ。

ゆえにこそ、自分はDLsiteを応援するわけで。

129 名もなき紳士 : 2017/07/28(金) 10:30:08

>>127
>1.
真っ先にするべきだと思います。
なるべく多くの作家さんに運営に向けて働きかけてもらうほうがいいです。
出処があやしい情報ですが、この改善要望を無視され続けている方もいるようです。運営の状況をみると無視について納得はできます。

>2.
いいと思います。

>3.
万が一Entyが売上のデータを保存していない場合は騒ぎが行政に移る可能性があります。(顧客の預り金の帳簿未記入は事件になります)
Entyの存続を考えるならまず>1.の結果を見てからがいいと思います。
Entyの動向が怪しい事は再三話題になってるのでここは慎重になるべきだと思います。


Fanboxやニコニコチャンネルではプランが一つしかないのでファンクラブ会費になるのですが、EntyやFantiaはファンクラブというにはプランが数多くあり内容も購入を思わせるものですよね。
理念が先行してしまい苦しい言い訳と取られた場合怖いですね。
税務署は担当する人の個人裁量が強いのでどう判断されるか想像できません。


>>128
D社のやり方はヤ○ザのやり方そのものですしね
違法サイトへの支援は処罰の対象になってほしいですね

130 カザミ カザミ : 2017/07/28(金) 12:25:03

>>128

違法アップロードサイトに広告を出しまくって知名度を上げた、というのは初耳ですね。
それが事実だとすれば、問題のあるやり方だなと思われますね。

>>129

ありがとうございます。

流石に、顧客の売上データを消失しました、などということはないだろうと思いたいところですが……。

税務にお詳しいようですので、教えていただけると嬉しいのですが、

仮に、クリエイター支援サイトにおける支援金を、コンテンツの販売による「売上」ではなく、「ファンクラブの会費」として処理する場合、税務関係はどのようになりますでしょうか。

たとえば、よくあるファンクラブで、
年間2千円程度の会費を支払うと、書き下ろしの含まれた会報の冊子が年4回(+入会時に1回)もらえる、というものがあったとして、

これは、仕組み上は定期購読に近い形であると思われるのですが、
この「ファンクラブ会費」は、税務上はどのように扱われるのでしょうか。

131 名もなき紳士 : 2017/07/28(金) 13:01:29

>>130
消費税の話になりますがこんな感じです。
Fantiaを例にするなら販売実績のないデータを公開しているだけなので、対価性が無いと判断されれば非課税です。
その支援金で利益を発生させればそれについては課税されます。
ですのでこの場合は預かり金になります。

Entyを例にするなら建前上の会費なので小売と同じあ使いになると思います。
なので単純に売上です。
ただ、開発中のデータ公開などであれば対価性が低いと思われるので非課税かもしれません。

このあたりは署員の裁量で変わるので鵜呑みは良くないです。曖昧ですみません。

132 カザミ カザミ : 2017/07/28(金) 16:27:56

>>131

ありがとうございます。

お聞きしたいのは、
個別のコンテンツを販売する場合は当然、売上になるでしょうけれども、

仮に、EntyさんやFantiaさんでの月額課金の支援金が、「ファンクラブの会費」であると仮定した場合、
税務上、どのような扱いになるのか、という点です。

Fantiaさんの規約から引用させていただくと、

「会員限定コンテンツおよび会員特典を提供し、その対価として当該登録ユーザーがファンクラブ会費を支払うことを主な内容とする二者間のファンクラブ契約が成立するものとします。」

と書いてあり、Entyさんも同様に、「ファンクラブ会員契約」を結ぶと書いてありますので、
この部分について、FantiaさんとEntyさんの間に差異があるとも思えないのですが、

この場合、税務上の扱いはどのようになるのか、お教えいただけると嬉しいです。

上の方で教えていただいたように、
対価性が低ければ非課税、ということなのでしょうか。
ただ、その場合、寄付にあたりそうな気がしますけれども。

133 名もなき紳士 : 2017/07/28(金) 22:15:39

>>132
繰り返しになりますが対価性があるか無いかです。
企業の規約程度で税務は変わりませんあくまで会計上でどんな動きをしているかがポイントになると思います。

寄付ではなく預かり金なのでファンクラブを解散する場合は余った資金を返金しなければだめです。
自身の収入として扱いたいなら規約や理念は関係なく全て売上となります。もちろん課税です。

134 カザミ カザミ : 2017/07/28(金) 23:24:07

>>133

なるほど、ありがとうございます。

法律の方が、当然、規約よりも優先されるということですね。

クリエイター支援サイトにおける支援金の目的は、あくまで、「クリエイターの創作活動の支援」ですから、
ファンクラブの運営費として独立して管理されるのではなく、クリエイターの収入として扱われるのが、そもそもの趣旨に適うでしょうね。

要するに、以下のような感じになりますでしょうか。

1.EntyさんやFantiaさんなどは、規約に「(クリエイターと支援者の間で)ファンクラブ契約が成立する」云々と記載されているが、

2.そもそも、クリエイターの創作活動を支援する、という趣旨に鑑みれば、支援金は、ファンクラブの運営費ではなく、クリエイターの収入として扱われるべきであり、
そうであれば、税務上、支援金はコンテンツの販売による「売上」として計上されることになる。

3.もし、支援金を「ファンクラブの会費」として扱うならば、支援金は会員からの「預り金」として独立して管理され、ファンクラブの運営のみに使用され、余った分はファンクラブの解散時に会員に返金されることになる。つまり、クリエイターの収入としては使用できなくなる。
また、会費に対する見返りとして提供されるコンテンツに対価性が認められる場合、課税の対象となる。

4.支援金をコンテンツの販売による「売上」として扱う場合、当然、課税の対象となる。
また、その際、支援金の対価として提供されるコンテンツに対価性が認められない場合、売買が成立したとは言えず、「寄付」として扱うことになるが、
この場合、サイトの運営会社も含めて、適用される法律が変わってくる可能性があるので、
実際には、対価性のあるコンテンツを提供した上で、税務上は「寄付」や「ファンクラブ会費」ではなく、「売上」として計上した方が良い。

このような感じでしょうか。

135 名もなき紳士 : 2017/07/29(土) 01:25:48

>>134
すごく分かりやすい要約ありがとうございます。
良いと思います。

136 カザミ カザミ : 2017/07/29(土) 20:30:58

>>135

ありがとうございます。

私個人の見解をまとめた、まとめの方でも、下記の部分を追記いたしました。

・論点3「過去の月別の支援金額の履歴が確認できない問題」を追記
・前提2に補足「利用規約における「ファンクラブ契約」云々の記載について」を追記

・クリエイター支援サイト「Enty」の件についての考察
http://ch.dlsite.com/matome/1477

137 名もなき紳士 : 2017/08/04(金) 16:50:38

ニュースになってるを見て思ったんだけどVALUはどうかな?

138 カザミ カザミ : 2017/08/04(金) 22:06:03

>>137

VALUについては、私も、詳しい方にお聞きしたいところですね。
ざっと調べましたところ、以下のような点が気になりました。

1.登録にはfacebookアカウントが必要

facebookは実名での登録が原則ですので、実名で活動しなければならないのかもしれない、というのは重要な点ですね。

2.決済にはビットコインしか使用できない

ちょうど、8月1日付でビットコインが分裂するというニュースがあり、
現在、VALUでも入出金ができない状態になっているようです。

ビットコインという仮想通貨自体が、一日で40%近く暴落することもあるという、非常にハイリスクなものであることは事実だと思います。(相場が上昇すれば、リターンもあり得ますが。)

・VALUのQ&A
http://help.valu.is/article/41-btc
・VALUの規約
https://valu.is/terms
・VALUページの例
https://valu.is/rousoku
・弁護士によるVALUの解説
http://it-bengosi.com/blog/horitsu-bengoshi/

ちなみに、VALUの仕組みとしては、株式投資型クラウドファンディングに似ているようですが、そうではないらしい。
というのも、株式投資型クラウドファンディングである場合、日本証券業協会に届け出ないといけないらしいですね。

・株式投資型クラウドファンディングについての日本証券業協会の解説
http://market.jsda.or.jp/shiraberu/kabucrowdfunding/seido/gaiyou/index.html

コメントを書き込むにはログインしている必要があります。
ユーザー登録(無料)がお済みでない方はこの機会に是非ご登録ください。

この先には成人向けコンテンツが含まれています。

知ってる